歯が変色する理由とホワイトニングについて

こんにちは、しぶかわ歯科クリニックです。

30代以上の方はご存知かもしれませんが「芸能人は歯が命!」というテレビCMが流れていたのをご存知でしょうか。

なんとなく、白い歯というのは憧れではありながらも、自分にはちょっと手の届かない世界・・・とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、現在はホワイトニングもだいぶ身近なものになってきました。

今日はホワイトニングについて、少しお話していきたいと思います。

なぜ歯が変色するのか?

そもそもどうして歯は変色するのでしょうか。

コーヒーやお茶など色のついたものが歯の内部にまで染み込んで、黄ばんでしまう場合と茶色、黒もしくは白く濁っている場合は、虫歯の可能性があります。また歯石が歯の表面にあると飲食物の着色が歯に残りやすくなり、黄ばんだりしてしまいます。

また加齢によって、歯の象牙質と言われる部分が厚くなって、黄ばんで見える場合もあります

ホワイトニングとは?

クリーニングと混同しがちですが、クリーニングが歯の表面の汚れを落とす作業であるのに対して、ホワイトニングは過酸化物によって、歯そのものの黄ばみを分解していきます。

当院では世界特許で安全性の高い「分酸ポリリン酸Na」を使用してホワイトニングを実施しています。

骨を含む歯周組織再生促進作用も認められ、抗菌作用も同時に兼ね備えているため、口腔内環境を整える上でも注目を集めている物質です。

他にもご自宅でお手軽にできるホームホワイトニングもご用意しております。

こちらは何度も通院する余裕がない方におすすめです。

様々なビジネスシーンやプライベートの場面でも大事なる見た目を気にされている方はぜひ一度ホワイトニングもご検討いただいてはいかがでしょうか。