「可能な限り削らない」虫歯治療

虫歯治療と聞くと「歯を削る」シーンを思い浮かべる方も多いです。しかし、歯は削れば削るほど脆くなり、歯の寿命も短くなってしまいます。そのため、しぶかわ歯科クリニックは患者さまの歯を残すことを最優先に考え、可能な限り「歯を削らない」治療を実践しています。

また、当院は「MTAセメント」と呼ばれる治療にも対応しており、重度の虫歯でも歯の神経を残せる可能性がございます。他院で抜歯と診断された方、治療を諦めていた方もまずは当院までご相談ください。

虫歯とは?

虫歯とは、口内の虫歯菌が食べかすなどから酸を作り、歯を溶かしていく状態のことです。

初期虫歯であれば再石灰化により自然治癒することもありますが、虫歯が悪化・進行すると歯髄を抜かなければならないケースもあります。大切なのは、早期発見と早期治療です。

虫歯の症状

虫歯の症状

  • 歯の表面が白く濁っている
  • 熱い物や冷たいものを口に入れると歯がしみる
  • 歯が痛い、ズキズキする
  • 歯に穴が開いている
  • 歯の一部が黒ずんでいる

当院の虫歯治療

なるべく削らない

歯を削る量を抑えた虫歯治療

歯は削れば削るほど脆(もろ)くなる

虫歯治療と聞くと「歯を削る」シーンを思い浮かべる方も多いです。しかし、歯は削れば削るほど脆くなり、歯の寿命も短くなってしまいます。また、一度歯を削った部分は二度と元の状態に戻せないため、なるべく歯を削らない治療が求められます。

歯を削る量を最小限に

しぶかわ歯科クリニックは、なるべく歯を削らない治療を実践しています。たとえば、虫歯の進行状態によっては歯を削らずに治療を行い、歯を削る必要がある場合においても、う蝕検知液を使用し、虫歯の感染部分のみをピンポイントで削り、歯を削る量を最小限に抑えます。

歯を削らない治療のメリット

  • 治療中の痛みが少ない
  • 歯の寿命が縮まらない
  • 治療期間の短縮にもつながる

痛みを最小限に抑える

痛みに配慮した虫歯治療

治療への恐怖心をお持ちの方のために、当院は麻酔を活用した治療を行い、治療時の痛みを最小限に抑えています。

表面麻酔+麻酔注射で痛みを最小限に

しぶかわ歯科クリニックは、痛みを伴う治療を行う際は麻酔注射を行い、痛みの緩和に努めています。注射の針は極細の針(33ゲージ)を使用しているので、注射の針がブスっと刺さる不快な感覚もほとんどありません。

また、麻酔注射を打つ前に「表面麻酔」を行いますので、注射を打つ時のチクっとした痛みも抑えられます。

虫歯を再発させない

虫歯の再発防止

治療後も健康な歯を維持するために

しぶかわ歯科クリニックは、虫歯を再発させない予防歯科に力を入れています。治療後も定期的な検診とクリーニングを行うことで、長期にわたって健康な歯を維持することができます。

「数年前に治療をした部分が痛み始めた」
「今まで治療と再発を何度も繰り返してきた」

という方も、まずは当院までご相談ください。

可能な限り歯の神経を残す

歯の神経を残す治療

虫歯が神経まで達してしまった場合、通常「抜髄」と呼ばれる歯の神経を除去する治療が必要になります。しかし、歯の神経を除去すると、歯がもろくなり歯の寿命が短くなる可能性があります。そこで登場するのが、「MTAセメント(保険適用外)」と呼ばれる治療です。

歯の神経を保存する「MTAセメント」

MTAセメントとは、歯に含まれるカルシウムを主成分とした、殺菌力が高い歯科用セメントのことです。MTAセメントを詰めることで、虫歯の感染部分を殺菌し、歯の神経を残したまま治療を行えるケースがあります。

虫歯の進行度に応じた適切な治療

虫歯は進行度によって5つのステージに分けることができます。虫歯の進行度に応じて必要な治療は変わります。しぶかわ歯科クリニックは、精密な検査を行い患者さまの虫歯の進行度・口腔状態を確認し、適切な治療をご提案します。

初期の虫歯(C0):自覚症状なし

初期の虫歯

状態

虫歯菌の酸によって歯の表面が溶け始めた状態です。「痛い」「しみる」などの自覚症状がなく、ほとんどの人は虫歯であることに気付きません。

治療

正しいブラッシングやフッ素塗布などを行えば、歯を削らずに治すことも可能です。この段階で治療を開始するのが理想的です。

歯の表面の虫歯(C1):自覚症状なし

歯の表面の虫歯

状態

歯の表面のエナメル質に小さな穴が空いた状態です。この段階においても痛みはありません。

治療法

虫歯になった部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰める治療を行います。治療後は、虫歯の再発を防止するセルフケアや定期検診を欠かさず行いましょう。

歯の内部の虫歯(C2):冷たいものがしみる

歯の内部の虫歯

状態

象牙質と呼ばれる歯の内部まで虫歯が進行した状態です。冷たいものを食べると歯がしみたり、時には歯が痛むこともあります。

治療法

虫歯になった部分を削り、詰め物を詰める治療を行います。虫歯の範囲が大きい場合は、インレー(詰め物)・クラウン(被せ物)を用います。治療後は、虫歯の再発を防止するセルフケアや定期検診を欠かさず行いましょう。

神経まで進行した虫歯(C3):何もしなくても歯が激しく痛む

神経まで達した虫歯

状態

熱いものを口に含むと歯がしみたり、何もしていなくても歯がズキズキと痛むようになります。

治療法

可能な限り歯の神経を残す治療を試みます。神経を残せないと判断した場合は、根管治療と呼ばれる治療を行います。

歯根まで進行した虫歯(C4):長い間続いていた痛みが治まる

歯根まで到達した虫歯

状態

歯のほとんどが溶けてなくなり、歯根まで虫歯が達した状態です。神経が死んでしまい、長い間続いていた痛みが一時的に治まります。しかし、歯根に膿がたまると再び激しい痛みを伴います。

治療法

抜歯が必要になるケースが多く、入れ歯やブリッジ、インプラント治療などで失った歯を補完します。

虫歯のお悩みは江東区森下・菊川の<しぶかわ歯科クリニック>へ

まずは患者さまの口腔状況を検査し、虫歯の進行度に応じて適切な治療方法をご提案します。治療の目的や治療計画などをお伝えし、患者さまにご納得いただいた上で「なるべく削らない」「歯を残す」という治療方針に基づき虫歯治療を行います。

「歯が痛い」「歯がしみる」「歯がボロボロになってしまった」など、どんなお悩みでも構いませんので、江東区森下・菊川の歯医者「しぶかわ歯科クリニック」までお気軽にご相談ください。