インプラント治療

残っている歯にもやさしいインプラント治療

残っている歯にもやさしいインプラント治療

インプラント治療は、歯がなくなった歯根にあたる部分に 人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療法です。
顎の骨にしっかりと固定されるインプラントは、 乳歯、永久歯に継ぐ第3の歯と言われています。 ブリッジと違って前後の歯を削ることもないので、 残っている歯に対してもやさしい治療法といえます。
ph01
歯を失ったときの治療法

歯を失ったときの治療法には“ブリッジ、入れ歯、インプラント”があげられます。

ブリッジ

失った歯の部分の左右の歯を削り、義歯(人工の歯)の橋をかける治療法

ph02

メリット

  • 補綴物(被せる人工の歯)を選べば審美性は良好
  • 自分の歯と比べ、食感や味覚はあまり差がない

デメリット

  • 削る必要のない健康な歯を削ってしまう
  • 支えている健康な歯の負担が増える
  • 歯が抜けた部分の顎骨が次第に痩せていく
  • 骨が痩せると歯並びに影響が出ることがある

入れ歯

歯を失った部分の型取りをし、人工の歯を取り付け、自分の歯で固定する簡単な治療法

ph03

メリット

  • 比較的簡単に治療が受けられる
  • 取り外しができるため、自分では歯磨きが困難な方には衛生的

デメリット

  • 固いものや粘りのある食べ物に苦労する
  • 異物感、違和感、痛みを感じることもある
  • 味覚が変わる
  • 臭いや汚れが付きやすく、手入れが大変
  • 留め金などによって、見た目が悪い

インプラント

長年の研究のもとに開発された人工の歯根(インプラント)を植える治療法

ph04

メリット

  • 自然な歯並びになり、口元が美しくなる
  • 食べ物を選ぶことなく、おいしく食べることができる
  • 自分の歯に近い感覚で、噛むことができる
  • 噛む機能が回復でき元気になる
  • 健康な歯を削ることなく、治療することができる
  • 1ピースであれば治療から通常1ヶ月で、噛めるようになる

デメリット

  • 歯を抜く場合と同等の手術が必要
  • 体質や疾病(重度の糖尿病等)によっては治療ができない場合がある
  • インプラントは顎骨に埋めるため、細菌感染には十分な注意が必要。
    正しい清掃習慣と定期検診で管理すれば長く維持することができる
インプラント治療の魅力
「抜けたままでも大丈夫」と思っていませんか?
歯が抜けたままにしておくと、身体全体にも影響が出るってご存知ですか?

歯が抜けた部分に隣の歯が動いてくる

数ヶ月、あるいは数年という時間はかかりますが、確実に、抜けてしまった歯の両隣にある歯が倒れ込んできます(傾斜)。
さらに、噛み合っていたはずの上の歯が下に落ちてきます(挺出)。

噛み合わせが悪い歯に異常な力がかかる

歯が動いてしまうと、ものを噛んだときに噛み合わせがずれた部分が異常な強さでぶつかるようになり、大きなダメージが加わります。

虫歯や歯周病になって、最後には抜けてしまう

傾斜や挺出で歯並びが悪くなると、どうしても歯垢が溜まりやすく、不衛生な部分ができてしまいます。
すると、その部分が虫歯になったり歯周病を起こしたりします。
症状が進むと、最悪の場合は歯を抜かなければならなくなります。

傾斜や挺出した歯の寿命は、健康な歯の2/3~1/2ほどとなってしまいます。
また、歯が抜けてしまった側ではしっかりものを噛むことができなくなるため、反対側の奥歯や前歯などに余計な負担をかけてしまいます。
その結果、それらの歯の寿命も短くなってしまうことがあります。

すべての歯の寿命が短くなってしまうということは、
やがて総入れ歯をしなければならなくなることを意味しています。

当院のインプラント治療(人工歯根)治療

  • ph06
  • ph07
インプラント治療は歯の抜けた場所に人工の歯根(しこん)を埋め込んで、 顎(あご)の骨に固定した後、人工の歯を上からかぶせる治療法です。
インプラント治療には、 手術が1回のインプラント1回法と、手術が2回のインプラント2回法があります。

・当院のインプラント治療は手術が1回の、インプラント1回法で治療しております。
・1ピースであれば手術が1回で済みます噛めるまでに1~2ヶ月(症例によって違います)

※ インプラント治療は、健康保険の対象外ですが、医療費控除の対象になります。
インプラントは当歯科医院で受けられます。お気軽にご相談下さい。
インプラント治療の流れ

1 : 検査、術前計画

まずレントゲンやCTで十分な診断を行い、治療の計画について十分な説明を受けます。
患者さんが納得した上で治療を選択します。
ph08

2 : インプラント植立の手術

歯が抜けたところへインプラントを植立、顎の骨にしっかりと固定されるまで1~2ヶ月待ちます。
その間、仮歯も装着できます。
ph09

3 : 人工の歯の取り付け

インプラントによるしっかりとした土台ができたら、人工の歯を上にかぶせます。
ph10

4 : メンテナンス

インプラント治療後は、アフターケアとして正しいブラッシングを行うとともに、半年に一度は定期検診を受けて下さい。
ph11
インプラント治療のよくある質問

インプラントの素材は何ですか?

インプラントは、体の中で非常に安定した素材であるチタンでできており、骨とのなじみを更に良くする為に表面処理が施されています。
チタンは人工関節など、様々な分野で使用され、生体親和性の高い素材として世界で認められています。(渋川)
a

インプラント治療を誰でも受けることが出来ますか?

年齢に上限はありません。骨の成長がほぼ終了する16歳位から治療を受けることができます。ただし、心臓病や糖尿病などの疾患がある方や、 妊婦の方などは受けられない場合もあります。
また、顎の骨の状態によっても受けられない時があります。いずれの場合も歯科医師によくご相談下さい。(渋川)
a

インプラントの手術は痛いのでしょうか?また時間はどのくらいかかりますか?

手術は通常局所麻酔下で行われますので、手術中はほとんど痛みはありません。
手術時間は30~120分程度です。(渋川)
a

治療費はどのくらいかかるのでしょうか?また保険は適応されますか?

インプラントの治療費は、本数、被せ物の種類によって異なります。
現在のところ、インプラント治療に関して保険適応はされていません。
自費扱いとなっていますが、医療費控除の対象になっています。(渋川)
a

インプラントはどのくらいもちますか? また、手入れはどうすればよいでしょうか?

20年を超える症例も多数報告されています。
長持ちさせるには、定期的な通院と十分な手入れが重要です。
ブラッシングはもちろん、 歯肉の健康状態や正しい噛み合わせのチェックをするために、半年に一度は定期健診を受けて下さい。(渋川)
a
インプラント治療は自費治療となります。
治療内容や費用など不安をお持ちの方も多いと思います。

当院では、「インプラントの相談」も承っております。
少しでも気になることがありましたら、お気軽にご相談下さい。
最新の知見と豊富な経験に基づき、歯がなくなった歯根にあたる部分に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療法となります。顎の骨にしっかりと固定されるインプラントは、乳歯、永久歯に継ぐ第3の歯と言われ、ブリッジと違って前後の歯を削ることもないので、残っている歯に対してもやさしい治療法といえます。