むし歯治療

今ある歯を守る根本的なケアプランをご提案いたします

なるべく削らない・抜かない・神経を残す治療でお悩みに対応

小さなお子様からご年配の方まですべての方のむし歯のお悩みに対応し、可能な限り歯を残す治療を実施いたします。人間の歯は、乳歯が生え変わる以外で新たに生えてくることはありません。だからこそ、今ある歯を大切に、ご自分の将来に残す必要があるのです。
むし歯は悪化すると歯を削る、抜くといった処置を行わなければなりません。一方で、日頃の適切なケアによって予防することもできます。早めの処置と日常ケアでむし歯を防ぎ、健康な歯を1本でも多く守りましょう。

今ある歯を大切に、歯を残す治療を行います

当院では、
ご自身の歯を長く使って頂きたいと考えております。

初期段階の治療から、根っこの治療まで
すべての過程において
「痛みの少ない治療」
「なるべく削らない、歯を抜かない治療」

を基本に丁寧で安心な治療をモットーに診療しております。

痛みのない治療のために

みなさんが歯医者に対するイメージとして、
「痛い」「恐い」そのようにお考えではありませんか?
当院では、できるだけ痛みの少ない治療を心がけています。

具体的には麻酔をすればその後の痛みはありません。
しかし、その麻酔の注射をするのに痛みが伴います。

そこで当院では、できるだけ痛みの少ない治療を心がけ、
麻酔の時から、表面麻酔(麻酔のための麻酔)の実施、
電動麻酔器による圧を最小限に抑えるなど、さまざまな取り組みを行っています。

治療前後の説明をしっかりと行います

当院では、
患者さんとの信頼関係をとても大切に考えています。
そのため、まずは患者さんのお話をしっかりとお聞きし、
その上で現在の口腔内の状態をご説明させて頂き、
様々な治療方法の中から患者さんのご希望にそった
提案をさせて頂きます。

患者さんご自身が納得できない治療はいたしません。

治療の節目に、歯科医師や歯科衛生士が丁寧に説明を行います。
少しでも気になることがありましたらお気軽にご相談下さい。
できるだけ歯を残すことを治療方針として掲げ、患者様の思いと現在の暮らし、そして将来に寄り添ったプランをご提案しております。むし歯がある程度進行してしまった場合、歯を削ったり抜いたりすることは避けられません。とはいえ、今ある歯を過度に傷つけることが望ましくないのも事実です。「歯を削らない、抜かない、神経を残す」を治療の基本とし、丁寧かつ安心な対応で診療してまいります。
むし歯は初期段階では自覚症状がないケースも多く、悪化してから受診される方も少なくありません。ご自分の歯を将来に残すために、少しでも違和感がある場合は早めのご相談をおすすめいたします。どのようなお悩みにも丁寧に向き合います。また、定期検診ではご自分でも気が付かない初期症状まで細かく検査いたします。快適な暮らしのために、専門家によるケアを身近にご体感ください。