自分の歯と入れ歯では味覚に違いは出るんですか!? 江東区の歯科医院が解説します

query_builder 2021/11/25
ブログ

こんにちは、しぶかわ歯科クリニックです。


8020運動というのをみなさんはご存知でしょうか。

80歳までに自分の歯を20本残そうという運動です。

そのためにはしっかりとしたお口のケアが必要になります。


たまに質問が出る話で、自分の歯と入れ歯では味の感じ方に違いが出るのですか、というお問合せを患者様から受けることがあります。


結論を先にいえば、味自体は変わりません。ただ、一番違うのは温度の感じ方かもしれません。

味覚を感じるのは舌なので、厳密にいえば、味自体の感じ方は変わらないのですが、入れ歯の場合、レジンという材質で覆われてしまうため、温度を感じにくくなります。


温かいスープを温かく感じなかったり、冷たいアイスが冷たいと感じなかったりすることを想像してみてみると確かに美味しいさは半減してしまうかもしれません。


そういう意味で、感じ方に違いはでてしまうので、自分の歯と入れ歯では味の感じ方に違いはでてしまうかもしれません。


ただし、入れ歯の材質を変える、例えば金属にすると、熱伝導率が上がるので、レジンに比べると温度を感じやすいと思います。入れ歯を検討されている方はお気軽にご相談いただければと思います。


ただ、やはり自分の歯に勝るものはありません。

ご自身の大事な歯をしっかりケアしていくことによって、いつまでも美味しいものを存分に美味しいと感じることができるのです。


美味しいお食事を生涯楽しんでいくためにも、今からの定期的なお口のケアを意識されてみてはいかがでしょうか。




NEW

  • 歯科衛生士さんってどんな仕事をするの? 江東区の歯科医院がお伝えします♪

    query_builder 2021/12/07
  • 歯と睡眠不足って関係あるの?? 江東区の歯科医院がお答えします。

    query_builder 2021/12/02
  • 歯磨きをする上でどんな歯ブラシを選べば良いのか? 江東区の歯科医院がお答えします

    query_builder 2021/11/30
  • 自分の歯と入れ歯では味覚に違いは出るんですか!? 江東区の歯科医院が解説します

    query_builder 2021/11/25
  • 日本と海外では歯に対する常識が違う 江東区の歯科医院がご説明します

    query_builder 2021/11/23

CATEGORY

ARCHIVE