大人の治療の違いと予防

query_builder 2021/06/18
ブログ

こんにちは。 しぶかわ歯科クリニックです(*^-^*)

 

虫歯の治療は、実はほぼ大人と変わりません。

しかし、子どもの虫歯治療で少し異なる面があります。

虫歯は自然に治らないので、虫歯部分や根っこまで治療して完治させます。

12歳ごろの子どもの場合は、徹底した治療が難しいです。

そのため、虫歯の進行を止めるだけのケースが多くあります。

虫歯は完治しませんが、進行を防ぎ、隣り合う歯に虫歯が広がるのを防ぐのにも役立ちます。

 

虫歯予防の第一は歯磨き一択です。

それと同時に食生活や生活習慣の改善の大切なポイントは以下の通り!

 

●おやつの時間を決める

 

●歯に詰まりにくい食品を選ぶ

 

●虫歯菌の餌となる砂糖菓子は避ける

 

●食後にお茶を飲ませる

※緑茶はカフェインを含んでいます。

 1歳未満の子どもにはカフェインの入っていない麦茶を与えるようにしましょう。

 

虫歯の治療は、子どもにとって大きな負担になってしまいます。

それを防ぐためにも、1歳半ごろから健診へ行きましょう!

虫歯の早期治療やフッ素の塗布による予防処置、また同時に食生活や生活習慣を整えて、虫歯のない健康な歯を守りましょう。

 

一緒に楽しい日々を作っていきましょうね!(^^


NEW

  • インプラントのメリットデメリット

    query_builder 2021/08/05
  • インプラント治療の声

    query_builder 2021/08/03
  • 赤ちゃんのブラッシング

    query_builder 2021/07/29
  • 歯が生えだしたときのブラッシング

    query_builder 2021/07/27
  • 歯の不安

    query_builder 2021/07/22

CATEGORY

ARCHIVE