虫歯の治療の選定

query_builder 2021/06/16
ブログ

こんにちは。 しぶかわ歯科クリニックです(*^-^*)

 

ちなみに前回の続きです。

 

1歳半や2歳の乳児歯科検診で虫歯が見つかれば、子どもが痛みを伝えてくれると思います。

その時にはすぐに受診が必要です!

その治療は、虫歯の進行状態によって変わってきます。

 

 

●歯の表面が白濁

通常の歯より白く表面がザラザラした感じで、光沢がないのが特徴。

虫歯になった原因(歯磨きの仕方、お菓子や食事内容など)を改善することで、

自然回復するケースが多く、フッ素の塗布などの予防処置も効果的です!

 

 

●表面のエナメル質の虫歯、その奥の象牙質まで達する虫歯

穴が開いた部分を詰める治療をおこないます。

また、象牙質まで到達している場合、乳歯が近いのでその後も安心はできません。

生活習慣の改善が必要です!

 

 

●歯髄まで進んだ虫歯

神経の根の治療をして、穴の大きさにより、穴を埋めます。

また、銀の冠をかぶせて治療していきます!

 

 

●歯が欠けていき根だけになってしまった虫歯

神経を取るなど根の治療をして銀の冠をかぶせます。

しかし、保存できない場合も有るので、その際は歯を抜きます。

 

適切な処置をとることが最も大切です。

見て見ぬふりをせずしっかりと治療しましょう。

 

いつでもサポートしますので、お気軽にお問い合わせくださいね(^O^)


NEW

  • インプラントのメリットデメリット

    query_builder 2021/08/05
  • インプラント治療の声

    query_builder 2021/08/03
  • 赤ちゃんのブラッシング

    query_builder 2021/07/29
  • 歯が生えだしたときのブラッシング

    query_builder 2021/07/27
  • 歯の不安

    query_builder 2021/07/22

CATEGORY

ARCHIVE