「 歯周病とメタボの関係 」

query_builder 2021/05/12
ブログ

こんにちは、しぶかわ歯科クリニックです。


歯周病とメタボの関係についてお話ししていきますね。


メタボリックシンドロームは高血糖、高血圧、脂質異常などの動脈硬化の危険要因が2つ以上存在してしまっている状態をいい、心筋梗塞をはじめ心臓病のリスクが最大3,40倍に高まります。


歯周病の原因の菌がもっておる毒素要素や、それによって生成される化学物質は、脂肪組織などのインスリン抵抗性を多く上昇させ、血糖値が増加するといわれています。


また炎症が起こると、合成されるタンパク質が高いほど動脈硬化や心筋梗塞のリスクが高くなると言われております。


【重度に進行した歯周病】は慢性的な炎症疾患です。つまり、このタンパク質の値が高くなり、心筋梗塞のリスクに密接に関係してくるというわけです。


また、メタボ要素が高くなるほど、歯周病のリスクが高まるというデータが出ております。要するに、歯周病とメタボは相互に関係しあっているといえるのです。


知らないところに関係性などあり、怖いですよね。


定期的にチェックして、多くの予防に繋げましょう。

いつでもご相談くださいね。

NEW

  • 大人の治療の違いと予防

    query_builder 2021/06/18
  • 虫歯の治療の選定

    query_builder 2021/06/16
  • 虫歯の早期発見

    query_builder 2021/06/14
  • 歯周病は万病の始まり!?

    query_builder 2021/06/11
  • ストレスによるトラブル対処

    query_builder 2021/06/09

CATEGORY

ARCHIVE